音声を収録したICレコーダー本体の送付について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テープ起こしの対象となる音声は、ICレコーダーで録音されるのが一般的になっています。その際、録音した音声はどうやってテープ起こし業者に送るのが、ベストな音声送付方法でしょうか。

テープ起こしの音声を送るには

インターネット経由で受け渡しするのが一般的

テープ起こしは録音音声をテキスト化しますので、業者に発注するときは当然ながら、音声データを渡す必要があります。

現在、テープ起こしの音声は、ICレコーダー(ボイスレコーダー)で録音される方がほとんどです。その録音音声は、どうやって送るかというと、大容量のファイル転送サービスを利用したり、依頼者の勤務先などのサーバーにアップし、インターネットを経由して受け渡しする方法が主流になっています。

参考:録音した音声をテープ起こし業者に送る2つの方法

なお、テープ起こしの対象となる音声は、録音時間が長く容量も大きいので、メール添付で送るのはほとんど無理だと思っていいでしょう。

郵送で送る方法もあります

勤務先のルールなどによりインターネット経由で送ることができない場合、パソコンが苦手でやり方がよくわからない方は、郵送(または宅配便)を利用することが多いです。録音した音声をDVDやUSBメモリに入れて、テープ起こし業者に送ります。

近年は少なくなりましたが、カセットテープやMDなどに録音した音声の場合も、郵送・宅配便で送ることになりますね。

ICレコーダー本体を送ってもいいの?

音声の送付として、インターネット経由または郵送をご紹介しました。

しかし、郵送はDVDやUSBメモリであって、録音音声を収録したICレコーダーの機器本体を送るのは、なるべくやめておいたほうがよいでしょう。やはり、機器本体を送るというのは、輸送中の故障や紛失の可能性もゼロとはいえません。

それから、テープ起こし業者の作業者も、お客様から送られてくるICレコーダーは、使い慣れているものではないです。操作ミスによる故障や音声データを消失してしまうこともないとはいえません。

「テープ起こし屋さんなんだから、ICレコーダーの扱いとか慣れているんじゃないの?」と思われるかもしれません。しかし、テープ起こしの通常業務や作業においては、ICレコーダーで録音した音声を聞くことはあっても、機器本体を触ることは基本的にはないのです。

当オフィスも原則、ICレコーダー本体の受け取りはお断りしています。「どうしても」というお客様に限ってお受けすることもありますが、輸送中の事故、機器操作中の故障などには責任を負いかねますので、ご了承ください。

参考:ICレコーダーの機器本体を送ってもいいですか

ICレコーダー黎明期には本体送付もあった

じつは、ひと昔、ふた昔前は、ICレコーダー本体をテープ起こし依頼者から送っていただくことが、ときどきありました。

というのは、ICレコーダーから音声ファイルを取り出すことが、今とくらべると難しかったからです。また、お客様自身も、電子機器やデジタル音声の扱いに慣れていない方が多かったということもあります。

ICレコーダー本体の送付にリスクを感じつつ、他に有効な方法がなかったから受けていたということです。

なお、最近はスマートフォンで録音される方も増えていますが、スマホ本体の送付はご遠慮ください。さすがに、スマホを送りたいというお客様は滅多にいませんけどね。これはICレコーダーとは別の理由もあって、「どうしても」と言われても、うちでは完全にNGです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。