動画からのテープ起こしについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「動画からの文字化は可能ですか」というお問い合せを、テープ起こしのご依頼を検討されている方から受けることがあります。そこで、当オフィスの動画からの文字化に関する対応をご案内します。

動画のテキスト化は可能か

パソコンで再生できればOK

会議やインタビューなどを録音した音声を聞いて、文字に変換して文書作成するのがテープ起こしです。

つまり、通常、テープ起こしの対象となるのは、ICレコーダー等の機器で録音した音声データになります。

しかし、お客様の中には、動画から文字に起こしてほしい、というご希望もあります。

当オフィスでは、パソコンで再生できる動画であれば、文字に起こせるとお答えしています。ビデオカメラで撮った動画データや、それをYouTubeなどにアップしたものでも文字に起こすことは可能です。

映像を見ながら起こすわけではない

ただ、テープ起こし中は文書作成ソフトのワードを開いて、音声のみを聞きながら文字入力しています。そのため、映像を見ながら作業しているわけではありません。

たまに、「(紙の)資料はないですが、動画の映像に映っているパワーポイントを参考にしてください」というご依頼者もいらっしゃいます。

テープ起こし作業の効率に影響が少ない範囲で、参考程度に動画を見るぐらいはいいですが、「じゃあ、どれくらいが参考程度なのか」と言われると具体的に目安があるわけではないです。

なので、たとえば講演の映像で映されるパワーポイントや講師の板書を見て、文字入力時の参考にするということは、基本的には行っていないです。

動画から起こした場合の料金

当オフィスでは、音声から起こしても、動画から起こしても、テープ起こしの料金は同じです。じつは、動画のほうが手間がかかることが多いのですが、だからといって割増の料金をいただくことはありません。

ただし、これはあくまで当オフィスの場合ですので、他所の業者さんに依頼される場合は、必ず料金をご確認いただけますよう、お願いいたします。

なお、納期についても音声から起こす場合と同じになるよう努めていますが、案件によっては、動画のほうが若干納期が延びる場合もありますので、ご了承ください。

参考:動画から文字に起こすことは可能ですか

テープ起こし・文字起こし専門の佐藤編集事務所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。