速記とテープ起こし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

速記の技術は神業レベル

速記とテープ起こし は、音声を聞いて文字(速記は文字というより記号)に起こすという点では、作業内容は共通していると言えます。

したがって、 速記の業者さんでテープ起こし の仕事も受けているところは少なくありません。これはある意味、当然の流れといえるでしょう。

しかし、テープ起こしと速記とでは、その技術の専門性においてはかなり違うものだと思います。

私はだいぶ以前になりますが、雑誌記者をしていたころに、取材で速記学校を訪ね記事を書いたことがあります。 そのときに目の当たりにした速記の技術は、まさに神業といっても過言ではないぐらい、ハイレベルかつ特殊なものでした。

テープ起こしも、作業者によって上手下手の差は結構あります。「テープ起こしなんて、誰がやっても同じでしょ」などと言われると、「わかってないなあ」なんて思ったりするものです。と言いつつも、やはり速記と比べたら、テープ起こしはその専門性においては差があると言えるでしょう。

速記とテープ起こしの生き残りは可能か

その速記も、手軽に録音できる機器の普及や音声認識技術の進化に伴い、近年はだいぶ衰退しています。その意味ではテープ起こしも同じ運命かもしれませんが、どちらもなんとか生き残ってほしいものですね。

人の言葉というのは、機械的に処理しずらい部分もどうしてもあるので、その辺りに速記やテープ起こしの生き残る道があるかもしれません。特に日本語は曖昧な要素が多い言語なので、人間の能力がまだ役立つ場面があるはずです。

実際、人力によるテープ起こしはまだまだ需要があります。音声認識のソフトもいろいろ登場していますが、録音音声のクリアさなどの条件が整わないと、実用面では今一つと言えます。

いずれ完全に機械化されていくでしょうが、まだ人の耳によるテープ起こしのほうが適しているケース(音声)が多いのではないでしょうか。

もし、専門業者による録音音声のテープ起こしを希望されるようでしたら、いつでもお問合せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*