テープ起こしを依頼してから納品されるまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

録音音声のテキスト化を行うテープ起こしは、業者に依頼してから納品されるまで、どのように進むのか一般の方にはイメージしづらいかもしれませんね。そこで、テープ起こし専門の当オフィスを例に、業務の流れを図も用いて説明いたします。

テープ起こし業務の流れ

テープ起こしはどんなふうに進むのか

テープ起こしを専門の会社やライターに頼みたいという方は、いまも少なくありません。音声や動画をテキスト化する技術は日進月歩で進化していますが、そのニーズ自体は時代は変われど増えているかもしれませんね。

現在、テープ起こしの依頼はインターネット上から行うのがスタンダードになっています。では、テープ起こしを依頼してから納品、さらに料金支払までの一連の流れは、どのようなステップを経て進むのでしょうか。

形ある物品を購入するのと違って、テープ起こしのような形のないサービスは、いったいどのように進むのかわかりづらいかもしれません。

テープ起こし業務の進め方は、事業所やライターによって若干異なってはいます。しかし、当オフィスと同じくテープ起こしに携わる同業者の話を聞くと、お客様より依頼を受けてから納品までの大きな流れは、それほど大きな差はないようです。

テープ起こしフロー図

そこで参考までに、当オフィスのテープ起こし業務フローを、下記の図のとおりご案内します。

各ステップの説明

あらためて依頼から納品・支払までの流れをステップごとに記すと、以下の順になります。

  1. サイトのテープ起こし依頼フォームから申し込みます
  2. 依頼内容を確認したらお客様に返信します(必要に応じて詳細の打ち合わせ)
  3. お客様から録音音声を送っていただきます
  4. テープ起こし作業を開始します
  5. 文字に起こした文書を納品します
  6. 請求書をお送りします。所定の料金をお支払いいただきます。

ふだんテープ起こしサービスを利用していないと、どんな流れで進行するのかイメージしづらいかと思いますが、上述のとおりそんなに複雑なフローがあるわけではありません。

簡単にいえば、インターネットから申し込んで音声を送ったら、業者がテープ起こしして納品してくれます。最後に料金を払って、完了です。

また、実際にテープ起こしを依頼することになると、細かいことで不明な点などあるかもしれません。その際は、当オフィスあるいは発注先となる業者へお問い合せください。

すぐにテープ起こしを依頼したい方は

ここまでテープ起こしの流れについて、図も含めてご説明してきました。

もし、今すぐにテープ起こしを頼みたい、あるいは今後の発注のために情報収集しておきたいという方は、当オフィス(佐藤編集事務所)の公式サイトのほうもご覧ください。

テープ起こしのサービス内容や様々な関連情報を掲載しております。依頼から納品・支払までの流れについても、本記事よりもくわしく説明しております。

もちろん、すぐにテープ起こしを発注もできますので、ぜひご参考にしていただければと存じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。